加賀料理の継承者として伝統と革新の料理を作り続ける料亭「浅田」

浅田 伝統からの創造 結納・お顔合わせ お問い合わせ・ご予約

味の歳時記 今月の食材

今月が旬の食材

松茸とがんど
雨上がりのアカマツの根元には落葉した松葉がポッコリと膨らんでいる。丁寧にそっとそっと手で落ち葉をどけてやるとそこには「マツタケ」が! マツタケ狩りの名人は我が子にも群生するポイントを教えないとか。 等々マツタケを巡る逸話には事欠かない時節となりました。

『能登はやさしや土までも』 今年はマツタケの表年(おもてどし<あたりどし>)。
加賀料理の故郷石川県能登半島のマツタケは豊富な赤松林とやさしい土壌に特徴があり昔から香りと味で名高いのです。

『がんど』 体長1メートル、体重10キロになればブリ。その一歩手前の若い魚体のものを関東ではワラサ、関西ではメジロ、金沢ではガンドと呼びます。味もプリプリ感もブリと全く同じですが脂の乗りだけが今ひとつ。ということで近頃の健康志向の波にも乗ってガンドの売れ行きは好調とのことです。赤坂、青山店へは空輸で、名古屋店へは特急電車で元気なガンドが入荷しています。

秋の美味しい味は浅田各店でお楽しみください。

旬の食材の料理例

  • 甘海老のお造り
    がんどのお造り
  • ノドグロ、蛤、松茸、ハタハタ、エビ
    加賀蓮根蒸し
  • オンラインショップ 加賀料理浅田
  • フォトギャラリー
  • 味の歳時記
  • 外出先でのご予約に スマートフォンサイト