加賀料理の継承者として伝統と革新の料理を作り続ける料亭「浅田」

浅田 伝統からの創造 結納・お顔合わせ お問い合わせ・ご予約

社長メッセージ

赤坂花柳界の最盛期であった昭和30〜40年代の頃から時代は移り変わり、
いま料亭には、海外からお見えになるお客様や、若い世代のお客様が増えつつあります。
料亭を取り巻く環境が変化していくなか、浅田は、いまの時代に合わせた新しい料亭を築くことを目指しています。
その根底にあるのは、日本の文化を大切に思う心です。お客様をお迎えするときの心構え、接客の向上、調理の研鑽を通じて、
繰り返し学び、料亭を次世代に伝えていきたいと考えています。

そのため、浅田の従業員は、充実した研修を受けることができます。日々の仕事を通じて浅田で習得できることは、
技術だけではありません。
相手を思いやる「やさしさ」と「気配り」を常に意識することにより、
生活の中で活きる「おもてなしの心」を身につけることができます。

伝統を守ることと、伝統に固執することは違います。
これからの時代の新しい料亭を創造するためには、若い世代の感性が必要です。
私たちは、日本の文化を尊び、ともに歩む仲間を求めています。

  • オンラインショップ 加賀料理浅田
  • フォトギャラリー
  • 味の歳時記
  • 外出先でのご予約に スマートフォンサイト